ブログはバズるだけでは稼げない!アクセスを安定させる方法を伝授

SEO

どうもアキです!

ブログを運営していると、ある日アクセスが異常に集まることがあります。それはいわゆる「記事がバズる」といった状況です。基本は偶発的に起こるものなのですが、一度体験すると、クセになるほどアクセスが集まります。

ですがバズることだけを目標に記事を更新していては、いつまでたってもアクセスは安定せず稼げませんよ。

なのでこの記事では、アクセスを安定的に集める方法を紹介します。

そもそもバズるってどんな意味?

「バズる」とはSNSやネット上で、注目され一気に広がることをいいます。

TwitterやFacebookの、「シェア」や「リツイート」を利用して記事が拡散されます。ネット上で急激に話題になるので、特定の記事のアクセスが急激に増えるのが特徴です。

「バズる」という言葉は、「Buzz」というマーケティング用語が由来。「Buzz」には「口コミ」や「話題」といった意味があり、それらを動詞化したものが「バズる」です。

「バズる」という言葉はいい意味でつかわれることが多いですが、逆に批判や批難が殺到する場合は「炎上」ともいわれます。仕組みはよく似たものですが「炎上」した場合は、暴言や中傷が多くされるのでサイトやブログのイメージが低くなる危険性があるので注意してください。

バズるネタの特徴

バズるブログ記事には、それぞれ特徴があります。

そのため、特徴を押さえてバズらせるために記事を書くことも不可能ではありません。げんに「バズマーケティング」という呼び名の手法もあるほどですから。SNSの拡散力を使えば、多くの人に記事を見てもらうことができるのでバズるネタの特徴を覚えておくといいですよ。

共感できる記事

人は強く共感すると、行動をおこしやすくなります。

よくSNSで「うちの犬が迷子です。探しています!」という投稿を見かけます。もしそれを見た人が動物好きの人なら、犬の保護を願って躊躇なく拡散ボタンを押します。

また面白動画をみて「面白い!」と感じると、周りの人にその面白さを伝えたくなりますよね。

このように相手に共感してもらい、行動を起こしてもらうことで記事をバズらせる事ができます。また人には心では思っていても表に出さない気持ちがあるので、それを代弁している記事なんかも「よく言ってくれた!」とばかりにシェアされ、バズることがあります。

最新や旬のネタ記事

芸能ネタや時事ネタ、ITネタ、なんでもそうですが最新のネタは誰もが注目します。

あなたもスマホを見ていて、目にとまった情報に「えっ?知らない!」と感じたことがあると思います。

そういった情報は、思わず周りの人にそれを知らせたくなるものです。

また、ドラマやiPhone、アニメなどの旬のネタをとり扱うことで周りも興味を持ち、反応しやすくなります。人は、流行に乗ろうと一生懸命ですからね。

タイトルが目をひく記事

バズる記事のほとんどが、タイトルが目立つものです。

どんなに内容が面白くためになる記事でも、タイトルに興味を持てなかったら誰も中身を確認しません。逆に内容が薄い記事でもタイトルに目がいき、ついつい中身を確認してしまうことは多々あります。

このようにタイトルが読者に与える影響は、とても大きいです。なので記事のタイトルを決める際は、よく考えてつけてみて下さい。

突っ込みどころ満載

記事を見ていると思わず一言いいたくなるときがありますが、そういった記事もバズりやすいといえます。

いてもたってもいられず、思わず一言添えてシェアする人がかなり多いです。

下品・卑猥・暴力的な記事

人の好奇心をくすぶる記事も、バズりやすい傾向にあります。下品だったり、卑猥だったり、正直見たくなくてもなぜか気になってみてしまう。そんな人の心理をうまく利用している記事は、注目を浴びやすいです。

ですが、こういった記事はどちらかというと「炎上」に近いので注意が必要です。

ブログ記事がバズるメリット

ブログ記事がバズると、以下のようなメリットがあります。

  • 一時的に集客が可能
  • ドメインパワーが上がる
  • ブログの認知度が上がる

ブログの記事がバズると、一時的に大きくアクセス数が増加します。普段の10倍以上もアクセスが跳ね上がるので、報酬が発生しやすいです。

またたくさんのアクセスが集まるので、ドメインパワーがつきます。そのため、記事の旬が終わった後でも以前よりアクセスが集まりやすいです。わたしのブログも、バズった後は特に更新しなくてもアクセスを維持しています。

その他にも、バズることで多くの人にブログを訪れてもらえるのでブログの存在を知ってもらえます。ブログ自体を気に入ってもらえれば、定期的に訪れてくれることもあります。

バズるデメリット

ブログ記事がバズると、いい事ばかりではありません。デメリットも存在するので、しっかりと頭に入れておきましょう。

  • PVを気にしすぎてしまう
  • 資産記事になりにくい

バズるとアクセスが大きく跳ね上がるため、嬉しくなり再度バズるような記事を書こうと躍起になる人が多いです。ですが、そう簡単にバズる記事を書けるものではありません。

再度バズらせるためにPVを気にしながら、記事を書くようになりがちです。そうなるともともとのついていた読者は、不信感を持ってしまい離れていってしまいます。

またバズる記事の中には、旬がある記事があります。そんな記事は、旬が過ぎると検索されることも少ないので資産記事にはなりません。旬も一瞬で過ぎてしまうので、安定したアクセスを集めるにはもう一工夫必要です。

ブログに効率よくアクセスを集めるポイント

上記で説明したように、バズるというのは一瞬の集客にすぎません。そのため、バズるのを狙って記事を書いているだけではアクセスは一向に安定しないです。

ですが一工夫すれば、記事をバズらせて集めたアクセスも有効活用できます。

内部リンクを構築する

内部リンクを構築することで、ブログに訪れたアクセスを他の記事へと流すことができます。そうすることで、サイト内の回遊率や滞在時間を向上させることができるので、Googleからも評価されやすいです。

とはいってもただ内容の薄い記事同士を、内部リンクで結べばいいというわけではありません。読者にブログを見て回ってもらうにはあらかじめ、役に立つ記事を投稿しておくことが必須です。

まとめ

記事がバズると一時的に大量のアクセスを集めることができます。ですが、それは一時的なもの。そのためあまりに、バズらせることに執着すると良質な記事が書けなくなります。

なのでバズらせることはあまり考えず、良質な記事を確実に更新していくことをおすすめします。運営初期に記事がバズると、ドメインパワーもついていいです。ですが良質な記事が投稿されていなければ、せっかく集まったアクセスをサイトにとどめることができません。

つまりアフィリエイトやアドセンスで稼ぐには、記事の作成に力を入れるのが一番の近道といえます。

とはいっても質の高い記事は書こうと思って、書けるものではありません。経験や知識をつけて、回数をこなす必要があります。

またネットには間違った情報もたくさん公開されているので、すべてを鵜呑みにしてしまうと時間も労力も無駄になってしまいます。なので確実に成果を出したい人は教材を利用してみて下さい。

下記の教材はアドセンスに特化したもので、細かく説明されているのでおすすめです。

もしアフィリエイトの教材や塾のことで疑問があればいつでも、わたしに問い合わせて下さい。

お問い合わせはこちらから>>

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
アキでした。


私もアフィリエイトを始めた当初は、進む方向がわからず一人で悩んでいました。学力も低く、才能や、センスなんか全くありませんでした。両親が経営する会社でも、まともに働けない落ちこぼれ。

そんな私に、新しい人生を与えてくれたのはアフィリエイトです。今では誰にも縛られず、自由な人生を満喫しています。

もしあなたが、進む方向や具体的に何をすればいいのかわからないのであれば、一度私にメッセージを送ってください。あなたの人生を変える手助けができればと思います。

お問い合わせはこちらから>>

人生を変える努力をするのはあなたですが、一人では不安なことばかりです。ですがその不安や挫折を乗り越え、努力を続けた先には必ず心から幸せを感じられる人生がまっています。まずは一歩踏み出すことから挑戦してみて下さい!

私も心から応援しています!

クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO
アフィリエイトだけで生活する幸せアラサー女子